2008年07月25日

赤い人面魚

080725_0657~0001.jpg
見てきました。

久しぶりの映画♪


評価:★★★★
(5段階評価)

宮崎作品大好きです。
しかも海の物語ですし、すっごく興味ありました。


感想は…


とっても面白かったです。

海の生物たちがいっぱいでてきて、とにかく画面中、生き生きと動き回っていて、ウミウシちっくな生き物も一瞬見えた気がしました!!
もう1回じっくり観察したいなぁ〜


それと、あんまり嫌みはなくですが、ポニョたちの住む生き物があふれる海と、宗介たち人間の住む海の違い…文明が進んだために海洋汚染が進んでしまったのをちょっと皮肉ってましたね。

ポニョと宗介が出会うきっかけも、海のゴミから始まってますしね。


それと、宗介たちが住む港町がとっても素敵でした。瀬戸内海の尾道とかを想像しましたが、監督はどこをモデルにしてるのかなぁ。昭和の良き時代を想像できました。


とにかくポニョが愛くるしいし、宗介はとっても純粋でした。あれ以上成長すると、憎たらしくなるんですけどね。


オールカラーの絵本を読んでいる感じでした。


満点に近い星4つです。


なんとなく満点つけられない感があるのは、どうしてだろう。
世界感が、映画にするには狭いような… もう少し映画の中にのめり込める共有感が足りなかったような…


でも嫌いじゃないです。

絶対DVD出たら買います!
posted by saba at 13:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 名古屋つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。